タオルドライ。大切にしてほしいケアの1つ。

髪の修復専門サロンREPO店長石田雅之です。

修復店にご来店いただいたお客様に必ずお伝えしているケアの1つに『タオルドライ』があります。

シャンプー後の『タオルドライ』はとても大切です。

正しいやり方でタオルドライをしていただくと健やかな髪に一歩近づきます。

今回は正しいタオルドライの効果、メリットを記事にまとめました。

正しいタオルドライの効果

タオルドライにはいくつか注意点や正しいケアのポイントがあります。
知らず知らず間違ったケアをして髪を傷めていることも……

タオルドライ前の注意点

お風呂上りにタオルで髪を拭くと摩擦がおこります。

 

タオルドライは「頭皮を乾かす」イメージで行うのがポイントです。

髪は濡れるとダメージしやすい状態になります。濡れている髪の毛はもっともデリケートな状態です。

この状態でタオルドライをするとき、擦るようにして乾かしていると危険です。
摩擦でどんどんキューティクルが剥がれていってしまいます!
キューティクルがはがれると、枝毛や切れ毛の原因になり今後辛い思いをする事になるかも‥

それでは、正しいタオルドライのやり方をご紹介します。

頭皮の水分を取る

タオルに水分を染みこませて上げるイメージで、優しく水分をとりましょう!

マッサージ感覚で地肌を揉み込むようにしてあげることがポイントです。

少しの間ターバンをしておくのもokです!

 

髪の毛の水分をとる

次に髪の毛の水分をとってあげます。
こちらも髪全体を優しくタオルで包み込むように、両手で挟んで水分をとっていきましょう。

髪をマッサージするようにギュッとタオルに吸い込ませて下さい。
毛先には水分が残りやすいですので、しっかりタオルに吸い込ませて下さい。
水滴が垂れないくらいまで水気が取れればもう大丈夫です。

 

正しいタオルドライのメリット

 

濡れた髪は、とてもデリケートです。
水分を含んだ髪は防御力が弱くちょっとした刺激や摩擦でダメージを受けてしまいがちです。

逆に、早く乾くようにとゴシゴシ勢いよくこすってしまうと、キューティクルを損ない抜け毛などのトラブルの原因になります。
その結果、見た目のハリやツヤを失ってしまいます。

タオルドライが甘い状態でドライヤーに頼ると思った以上に熱ダメージを与えてしまいます。

美髪を手に入れたい方は、髪が傷まないように配慮してあげることが大切です。
正しいタオルドライをすれば、髪が傷む要因を避けることができます。

タオルドライ用タオルとは?

水分を良く吸収してくれるタオルを選びましょう。

マイクロファイバーと綿100%がオススメです

キメが細かく繊細なマイクロファイバーはオススメ。
綿100%のタオルも吸水性が高いのでオススメ。

体を拭いたタオルとタオルドライ用タオルは分けた方が良い
すでに水分を含んだタオルだと水を吸う力がありません。
体用とは別に、新しいタオルでタオルドライしてあげるのをオススメします。

また

濡れたタオルを長時間巻いていると蒸れてしまい髪のダメージにつながってしまう場合があります。

目の粗いタオルを使うと髪との摩擦が強くなります。
水を良く吸収するタオルを使う事で必要以上に髪に負担をかける事がなくなります。

この機会にタオルドライ用のタオルを購入してみてはどうでしょう。

 

The following two tabs change content below.
統括店長 石田 雅之(Repo緑橋店勤務)
大阪市内の緑橋店の店長。≪ご予約はこちら≫ 独自に研究を重ね開発したオーダーメイド修復メニュー【ナノリペア】で今まで感じたことのない「体験・体感」をゲストに提供し続けている。 女性だけでなく男性からの支持も厚く幅広いニーズに対応出来るスペシャリスト。 石田店長のブログは《こちらから》

関連記事

新着記事