髪のお悩み相談所Part2 「前髪を自分の流したいほうへ」

Gallery For Hair REPO店 ケアリスト 北野翔太です。

 

今回のお悩みはコチラ

「折角前髪を切ったけど上手く流せない・・」

 

前髪を勇気を出して作ったのに、なかなか上手く思い通りに流せないってありますよね・・・

そんな皆様に守って頂きたいポイントは3つ!!

1 根元を乾かすときはまずは流したい方向と逆方向へ!

2 手でテンションをかけながら導こう!

3 温風&冷風で形を固定

この3つが凄く大事になってきます!!


では写真で見ていきましょう。

用意するもの ドライヤーのみ

 

まずは乾かす前の状態です。

真っ直ぐ前髪を下ろしているだけの状態ですね。

 

今回は写真向かって右から左に流す前髪をしていきます。

まずは前髪をウェット状態に!

Part1でもお伝えしましたが、この時、前髪全部がしっかり濡れているのも重要です。

 

まず初めに根元から乾かすのですが今回流したい方向は写真向かって右から左になのですが、

右から左に髪を乾かすのではなく、あえて左から右に乾かしていきます

 

そうすることで根元が立ち上がりペタンっとせずに仕上がります。

 

5割ぐらい乾いてきたら、いよいよ自分の流したいほうに風を当てていきます。

 

この際、2つ目で重要なポイントの手の誘導です。

 

毛流れをイメージしながら手で形作ることで、さらに前髪を綺麗に、

また毛流れの方向が一定になってくれます。

 

そして、最後は温風&冷風の仕上げです。

髪は冷えたときに形が決まるので、冷風を当てながら最後は形を整えてあげます。

冷風を当てることで、キューティクルも整うので、ツヤ感も出たりします。

そうすることでこの様に流したい方向へ前髪を流すことが出来ます。

 


今回お伝えさせていただいた方法がすべての方に適しているわけではございません

髪は一人一人クセなどは違いますので、個人差があります

 

もし、お時間が宜しければ、是非お近くの店舗に足を運んでみてください、カウンセリングからでもスタイリストがしっかりとカウンセリング後、貴女様にあったヘアケア方法をご提案させて頂きます。

 

また、こちらのブログにコメントやメールでも可能な限り対応できることはさせて頂きます。

Age全店統括店長石田でしたらLINE@でも対応可能です。

The following two tabs change content below.
「髪の修復専門サロンGallery for Hair REPO」アシスタント 早期スタイリストを目指し、日々サロンワークに勤しむ。アシスタント目線で日々感じた事などを個人ブログを通して発信している。アシスタント北野のブログは《こちらから》

関連記事

新着記事