地域のごみ当番をして思う、ルールは守ろうぜ?

こんにちは、サンクレポ店 店長 山下です。

一軒家を持つと、必ず回ってくる

ごみ当番!

何をするかって、夜になったらネットを用意。ちゃんとルールを守ってゴミを捨ててくれているのか、カラスに散らかされてたら片付ける、関係のないゴミが捨てられて放置されてたら指定のゴミ袋に入れてまた捨てる。。

などなど。

毎朝こう思います

「散らかってるなよ~、ちゃんと守って捨ててよね~」

って

 

8・9割はちゃんと捨ててくれています。

燃えるゴミ=生駒は黄色い指定のゴミ袋に捨てるんです。

けど透明な袋に入れたり、紙袋に入れたり・・・黄色のゴミ袋の中にペットボトルがパンパン!とか・・・

最近ルール違反が多くなりました・・・

カラスが散らかすのはまだいいんです、あの子達も生きていくためにだし・・・

そのルール違反のゴミはほぼ取りに来ない。誰がこの後の処理をしなといけないの?

そう、班長です!

 

お店内でも似たような事ってありません??

例えると~~~~~~?

ゴミ箱のゴミ袋に入ってないティッシュ、ゴミを捨てる人が拾います。何に使ったか分からないティッシュ・・・

いつもの場所にあるはずのものが無くてウロウロ、お客様を数秒待たせる。タイマーがない

シャンプー入ってない~~~

などなど・・・

 

必ずどこかにフォローやその後始末などをしてくれる人がいます。

皆が気持ちよくいるためには、その当たり前のルールを守る。簡単なことだと思います。

 

ゴミ当番で、朝からゴム手袋をしてカラスが食べ散らかしたゴミを拾い集めていたら、暖かい声をかけてくれる方・共感してくれる方・何してんの!?と言ってくる小学生。

いい事もあるんですよ!

自分は嫌だったから、僕はちゃんとしていこうと思います。困る人が出ちゃうから。

人によっては、自分がされたことをそのままする人間もいますが・・・

サンクレポ店、アージュグループは人の事を考えて人らしく生きましょう!!

 

 

The following two tabs change content below.

CINQ店 店長 山下 智之

「髪の修復専門サロン」CINQREPO店 店長。≪ご予約はこちら≫ お客様の"なりたい"に応える入念なカウンセリングに定評あり。 ヘアアレンジ・ヘアセットの社内講習だけでなく、外部講師としても活躍中。 人との「出会い」を大切にしている。

最新記事 by CINQ店 店長 山下 智之 (全て見る)

関連記事

PAGE TOP