髪のお悩み相談所Prat9「美容室でカラーするのと自分でカラーするのどっちのほうが良いの?」

Gallery For Hair REPO店 ケアリスト 北野翔太です。

今日は市販のカラー剤とサロンカラー剤の違い
主な違いをお話していこうかなっと・・・

では、本題へ


本日のお悩みはこちら

「美容室でカラーするのと自分でカラーするのどっちのほうが良いの?」

先に結論から言うと、髪のダメージや今後も髪を綺麗にしていきたいのであれば、

絶対に美容室でするべきです!

 

では、なぜか?

 

始めに美容室でのカラーと市販のカラーの主な違いは、

市販は誰でも染まる代わり染めるパワーが強い、
サロンでのカラーは僕ら美容師が選定するので髪のダメージを最小限に抑える事ができる。

この上記の部分が、大きな違いだと思います。

ではお互いのメリット・デメリットは?

市販のカラー剤のメリットは?

安価

お手軽

 薬局などで手に入りやすい

デメリットは?

ダメージが大きい

サロンで次回カラーする際に希望色になりにくい(サロンカラー剤と相性×)

美容室でのカラーのメリットは?

ダメージを最小限にする

色味が長持ちしやすい

退色時の色の落ち方が穏やか(ブリーチしてる場合は例外)

デメリットは?

美容室でのみ使用が許可されている

市販のカラー剤に比べると料金が高い

結論
本当に緊急時以外は極力市販でのカラーはオススメできず
髪を綺麗に保ちたい場合は、やはり美容師の僕らに任せて頂きたい!

 

当グループでは、ナノリペアカラーする事でダメージを最小限に抑えるだけではなく、

修復しながら髪を綺麗にカラーリングしていけます。

 


 

今回お伝えさせていただいた方法がすべての方に適しているわけではございません

髪は一人一人クセなどは違いますので、個人差があります

 

もし、お時間が宜しければ、是非お近くの店舗に足を運んでみてください、スタイリストがしっかりとカウンセリング後、貴女様にあったヘアケア方法をご提案させて頂きます。

また、こちらのブログにコメントやメールでも可能な限り対応できることはさせて頂きます。

Age全店統括店長石田もしくはCINQREPO店長山下でしたらLINE@でも対応可能です。

 

The following two tabs change content below.
Repo緑橋店 アシスタント北野 翔太
「髪の修復専門サロンGallery for Hair REPO」アシスタント 早期スタイリストを目指し、日々サロンワークに勤しむ。アシスタント目線で日々感じた事などを個人ブログを通して発信している。アシスタント北野のブログは《こちらから》

関連記事

新着記事