髪のお悩み相談所Part5「アイロンの温度って正直どれがいいの?」

Gallery For Hair REPO店 ケアリスト 北野翔太です。

 

今回のお悩みは前回のBlogでアイロンの記事をいくつか挙げさせて頂いたのですが、

それを見たお客様から聞かれたのが、

「ホームケアで使うのにオススメのアイロンは分かったけど、

アイロンについている温度の目盛りはどれぐらいがいいの?」って。

たしかに・・・アイロンごとの説明はしてきましたが、

アイロンにある180や160の目盛りって実際、どれ使ったらいいかわからないですよね

 

基本皆さんは電源入れた時に設定されている温度か、一番高い温度を選択されているのではないでしょうか。

実はそういう「とりあえずこの温度で!」っていう使い方だと、髪を痛めてしまう可能性が・・・

 

なので、ここからは僕なりの見解を書いていきますね。


 

みなさんがご自宅で

アイロンを使う際にオススメの温度は・・・

 

「180℃~160℃」です!

この温度は髪をしっかりとストレートに伸ばしてくれたり、

 

カールを付けてくれる温度です。

つまりちょうどいいぐらい‼

 

ただ注意して頂きたいのが、通すスピード‼

スピードは同じところに対して10秒ほどです!

 

万が一、1分ほどした場合、髪は炭化してしまい、毛の質感がゴワゴワしたりザラザラしたりします。

そうなると当店の修復メニュー「ナノリペア」でも改善が難しくなってきます。

 

 

 

ただ、一つ注意して頂きたいのが、180℃以上の高温を使ったからっといって

綺麗にストレートになったり、カールがついたりするわけではありません!

その髪に合った適温でしてあげることが大事なんです。

 

必要以上や必要以下でなく、適温でやることが

ご自宅でのホームケアにつながります。

アイロン選びも大事ですがこういったことも同等に大事なんです。

 


「私はどれぐらいの温度がいいのだろうか」っと気になる方は是非、当グループ各系列店まで

カウンセリングからでもお越しください。 このレベルのお悩みですと写真での判断は難しく、

実際に触診などをしてみないとわかりません。

 

綺麗な髪で12月を終え、一緒に来年を迎えましょう!

 

またその他の相談や質問、ご予約でしたら、

Age全店統括店長石田もしくはCINQREPO店長山下でしたらLINE@で対応可能ですのでご活用ください。

The following two tabs change content below.
Repo緑橋店 アシスタント北野 翔太
「髪の修復専門サロンGallery for Hair REPO」アシスタント 早期スタイリストを目指し、日々サロンワークに勤しむ。アシスタント目線で日々感じた事などを個人ブログを通して発信している。アシスタント北野のブログは《こちらから》

関連記事

新着記事