レッスンを教える側、教わる側

あくまで僕の考え方です。

 

技術を教える。先輩なら当たり前、たまに残ってみてあげるのも先輩なら当たり前。

だって、そうやってもらったはずなんです。

けど自分がスタイリストになったら忘れる…「見てほしいんやったら言って来たら?」って。

王様!?神!?

僕からしたらそんなスタイリストに限って下手くそ。もう何のレッスンもしない、必要とも思わない、自己満足の世界。君が上司に時間作ってもらってレッスンしたら?

って思います。

 

しかも怒る。

後輩からしたら、「あんたから教わったことありませんよ!」って思ってるはず。けど言えるはずなんてない。

営業中、アシスタントの手助けは必須です。

じゃあ先輩・スタイリストはどんなアクションをおこしますか?

 

 

 

僕らの技術にゴールはありません、だから続けないといけない。

ちゃんと手を差し伸べるところはそうする、教わる側も自ら時間をもらいに行く。

このメリハリが大切だと思います。

 

 

もちろん、メモやノートも大切。同じことを何度も聞かないようにしないと先輩に失礼ですよ。

 

 

↓ 超レア、オーナーカット塾

 

 

 

レッスンは楽しい、苦しんでやったら身にならない。

 

僕はアシスタント時代、ある技術が苦手で、何か先輩に聞かずに自分1人でやっていました。一つの技術を合格するのに半年もかかってしまい、本当にもったいない時間を過ごしました。

 

 

何故するのか?誰のためにしないといけないのか?

しっかり考えたら楽しくなると僕は思います。

 

アシスタントもスタイリストも役職がある人間も「美容師」。情報もいれ、しっかり実践していきましょう。

美容という仕事もレッスンも楽しもう!!

 

インスタグラム・Facebookもしています。

髪の毛に関する事、お知らせ、アレンジ動画も見れるので是非ご覧ください。

フォロー・申請もお願い致します。

The following two tabs change content below.

CINQ店 店長 山下 智之

「髪の修復専門サロン」CINQREPO店 店長。≪ご予約はこちら≫ お客様の"なりたい"に応える入念なカウンセリングに定評あり。 ヘアアレンジ・ヘアセットの社内講習だけでなく、外部講師としても活躍中。 人との「出会い」を大切にしている。

最新記事 by CINQ店 店長 山下 智之 (全て見る)

関連記事

新着記事

PAGE TOP